So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

阿佐ヶ谷ジャズフェスとカホン(楽器)のこと [音楽]

昨日はそぼ降る雨の中≪阿佐ヶ谷JAZZ STREETS2017≫を聴きに行ってきました。


IMG_0013.JPG


駅南口噴水前特設ステージで熱演を繰り広げる地元ライブハウス<マンハッタン>

で活躍しているメンバーたちのセッションです。

管楽器3本の重厚な演奏。そして中央を務めるのは女性アルトサックス奏者です。

最近はいたるところで地域ジャズフェスが開催されていますがこの≪阿佐ヶ谷JAZZ

STREETS≫は1995年のスタートなので老舗中の老舗と言えますね

毎年2日間開催され、2日目のこの日はあいにくの雨でしたがご覧の通り悪天候をもの

ともせず熱のこもった野外ライブが繰り広げられたのでした。

たださすがに楽器の保護もあるのでアーチストたちは屋根付き設備内での演奏でした。

観客は傘もささずに聴き入っています(ワタシも)

2日間で13のパブリック会場(有料)と11のストリート会場(投げ銭)それに39

のバラエティ会場(料金等は各別)で演奏が行われるというまさにJazz天国のひととき

です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところでワタシがこちらに出向いてきたのは、管3本の演奏を聴きに行くのが目的と

いうことではなくカホン奏者小林和弘(通称:KAZU)氏がこの阿佐ヶ谷Jazzに参戦

するというインフォを受けたからなのです。

KAZU氏とはワタシの地元高田馬場のライブハウスで2年半ほど前に出会い、以来毎月

演奏を聴きに行っておりすっかりカホンに魅せられたもので。

しかも興味深いのは、高田馬場での演奏はほとんどがポップス系の曲だったのですが

本日はジャズフェス。

カホンがどんなジャズを奏でるのかが興味津々でした。

     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

と、ここで楽器のカホンについて簡単に解説しておきましょう。

(日ごろ音楽をそれほど聴き込んでいない方や楽器をあまり嗜まれない方だときっと

 <カホン>は未知なのかなあと思いまして。ちなみにワタシはKAZU氏と知り合った

 とき初めてカホンにお目にかかって、そして音を聴いてエラく感心してしまいました。)


IMG_0016.JPG


真ん中の長方形の箱が<カホン>です。

外見はあたかも鳥の巣箱のような形に見えます。

木材で出来ていて中は空洞、これの一面を手で叩いて音を出すのです。

端を叩くとスネアドラム(小太鼓)のような高い音、中心部を叩けば

バスドラ(大太鼓)のごとく低い音が出ます。

奏者はこの箱のような楽器に腰かけて前部を左右の手を使い音を出しリズム

を刻むのです。


IMG_0014.JPG


こんな感じですね。

因みに左側の楽器はウインド・チャイム。

左右なぞるように鳴らしてゆくと曲に華やかさや勢いがつきます。

静かな場面から盛り上がっている場面まできらびやかに曲を彩ってくれる

のです。

また右側はスプラッシュ・シンバル。

右手でカホンの中心部と同時に左手でこのスプラッシュ・シンバルを叩く

ことによりドラムセットのバスドラとシンバルを同時に叩いたときと同様

の迫力が得られます。

KAZU氏にとってこれら3種の神器は必須アイテムだそうで、これによって

いつでも豊かでバラエティな音を創造してくれています。

自称《旅するパーカッショニスト》KAZU氏にとってこの3種の神器は機動力

が抜群なので鉄道や飛行機でもお伴できる利点が最大のメリットだそうです。

確かにドラムセットは手では持ち運べないですからね。

     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

リーダーのアルトサックスにギターが加わりリズムセクションがKAZU氏という

トリオのセッション。

ジャズの名曲<Misty>などスタンダードジャズ数曲を演奏してくれましたが

サックスとカホンが小気味よく絡み合ったりまたKAZU氏貫録のソロも存分に

楽しめたし、とても新鮮なトリオでのジャズライブでした。


IMG_0015.JPG


最後にKAZU氏オリジナルCDを紹介。

今春初ソロアルバムを発表したのですが、内容がユニークで全曲パーカッション

のソロ。

全10曲をカホンを中心に色んな打楽器をKAZU氏ひとりが演奏しているという

驚きの内容。

マニアックと言えばマニアックですが中には日本の郷土芸能をほうふつとさせる

ような日本人のDNAが揺さぶられるごとくの曲も収められているので楽しめます。

あ、念のためKAZU氏からリベートもらったり宣伝を頼まれたりしてませんよ(笑)

自分も知らなかったのでカホン普及活動の一環です・・

ちなみにカホンの祭典なるものが年1回やっているそうです。(その名も『箱フェス』


nice!(40)  コメント(12) 

<信州プチ旅>雷電/くるみの里~レストランオラホ/オラホビール [旅行]

先週末、ぶらりと信州を訪れてきました。
雨が続いていたのでお天気が心配されたところですが晴れの神様に守られた
のが幸いでした。
image.jpg
立ち寄ったところは、道の駅<雷電くるみの里>(長野県東御市)
大相撲秋場所は一人横綱の日馬富士が逆転優勝して幕を下ろしましたが、
長野県出身力士として今年87年ぶりに関脇に昇進した『御嶽海』がこの
秋場所も千秋楽に勝ち越して活躍したので長野県民を喜ばせてくれました。
おっと、この銅像は御嶽海ではありません。
さすがに現役力士が銅像になるのはあり得ないでしょうね。
でも御嶽海の星取表は構内にでかでかと貼り出されていましたよ。
御嶽海の出身地は県南の方なので県央に位置する東御市からはかなり離れて
いる訳ですが、それでも郷土(同県)力士として応援する地元民の熱気が感じ
られました。
相撲の話題で脱線してしまいましたがが写真の力士は大相撲史上最強と言われた
《雷電為右エ門》(しこ名:雷電)の銅像です。
この界隈が雷電のふるさとであることから銅像が建てられまた道の駅の名前にも
なったそうです。
相撲に興味のない方や若い方には雷電のことはあまり知られていないかもしれま
せんが(年季の入った)相撲ファンや相撲ファンでなくても年配の方でしたら
恐らく多くの方がご存じだと思います。
ではなぜ雷電が大相撲史上最強と言われているかなどについて解説しますと
◇活躍したのは江戸時代(1790年~1810年)
◇通算勝率 .962(254勝10敗)と桁違いの強さ*白鵬ですら.827
◇体格も桁違い 身長 6尺5寸(197cm) 体重45貫(169kg)
 最近だと外国人力士として大関で活躍した『把瑠都』とほぼ同体格 
 *因みに江戸時代成人男子平均身長は155cmとのこと  
◇対戦相手をケガに追い込んでしまうため「突っ張り」「張り手」「かんぬき」
 「さばおり」を禁止されたとのエピソードあり
と、まあどれをとっても桁外れの強さを示したものばかりです。
image.jpg
さて構内を見学しているとオリジナルの一品が目に入ってきました。
<雷電焼き>地元産くるみ入りだそうです。
こういうのを見つけるとチャレンジしない訳にいかない性分なんで・・・
image.jpg
お相撲さんの形をなした人形焼き、外はサクサクのアツアツで中はふんわり
カスタードにくるみも入っておりました、グッド。
image.jpg
これは同行者に強く勧められて購入。
本日昼にそうめんのつゆとして食してみましたが、味噌仕立てのつゆにくるみや 
ごまがブレンドされているのでくるみ好きのワタシにとって期待したおいしさ
でした。サラダや冷ややっこにも合いそうなので今度試してみよっと。
image.jpg
菅平に一泊後、翌日は同じ東御市の<オラホ>という丘の斜面に建つ絶景のレス
トランでジビエカレーを戴きました。
ジビエは鹿のひき肉でしたがクサミは全く感じられずカレールーもコクの効いた
辛甘さで鹿ひき肉との相性バツグン、皿の左にはくるみが2個ちょこんと置かれて
おり、これがまたカレーとの相性がぴったりなのです。
辛党なのでもうちょっと辛くてもいいかな、と思いましたがこれくらいの方がきちん
とひき肉やくるみのうまみを認識できるのでちょうどよかったのでしょう。
ワタシ好みの味でした。ほしみっつ!
これにクラフトビールのセットで¥1,350とは窓の外の景観の良さも含めてかなり
トクした気分に浸れましたね。
image.jpg
隣接する物産館を覗いてみると気になる看板を見つけてしまいました。
image.jpg
表彰状まで掲げられていては素通りできません。
image.jpg
でもって購入。
image.jpg
ついでにこちらも購入、東御市は雷電(とくるみ)ブランドですね。
クラフトビールの感想についてはそのうちまた・・・・

nice!(64)  コメント(22) 

《音楽》ヒカシューと水曜日のカンパネラ [音楽]

個人的なことですがここ最近色んな形のミュージックライブを鑑賞する機会が

増えています。

先週末は知人の所属しているゴスペル合唱団が公会堂を借り切って発表会を行う

というので横浜まで聴きに行ってきました。

総勢30人参加のアマチュア合唱団ですがバックにプロたちの演奏をつけての歌唱

はプロと遜色ないばかりか迫力は人数のなせる業かプロ顔負けで、思わず聴き入って

しまった。

ゴスペルというジャンルに絞ったライブは初体験でしたが、いつも聴きに行って

いる高田馬場ライブでリードボーカルのブルースシンガー町田謙介さんお気に入り

のゴスペルソングとして毎回披露される《Down by the riverside》をここでも

取り上げ合唱、しかもパフォーマンスとして観客との掛け合いになるよう導いてくれ

たのでワタシも一緒になって♪Down by the riverside~♪の部分を熱唱させてもらい

気持ちよく盛り上がれました(^^♪


閑話休題


ゴスペルコンサートは横浜市南区の公会堂で公演されたのですが少し早めに着いたので

近隣をブラブラしたら《横浜橋商店街》なるスポットに遭遇。

少し探索をしてみて昭和チックな店を発見。


  image.jpg


<よこはまばし焼(=今川焼)>昭和甘味を堪能

テーブルも座席も”昭和”を物語っている昭和雰囲気満載の店内で<飲み物+

今川焼のセット>が¥420とこちらも昭和価格 

《えどや》・・応援したくなるお店でした。

     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

その前の週末土曜日は渋谷エリアで3日間に亘って行われた[16th TOKYO JAZZ

FESTIVAL]の様子をうかがいに出掛けてみたのでした。



image.jpg 

屋内外9ヶ所のエリアで期間中にライブが行われていますが、永らく続いた

悪天候もこの日はカラリと晴れて野外音楽日和だったので、お天気に誘われて

代々木公園の会場に引き寄せられて来ました。

代々木公園に足を踏み入れたのは20年ぶり・・いやもっと経ってるかも、です。

image.jpg

アフリカンソウルテイストでノリノリの演奏。

リズムに乗ってからだを激しく揺すって踊り出す女性の観客も続出。

演る方も1曲目からノリが良ければ聴く方も負けておりません。

ワタシもスタウト片手に聴いていたので心地よさも手伝い自然とからだでリズムを

刻んでいました。(野外⇒太陽⇒音楽⇒ビールの化学反応は素晴らしいです)


さてタイムテーブルをチェックするとこの後渋谷センター街でパレードが

行われるようなので急いで駆けつけたのですが間に合わなかった、残念。

3日間で9か所の屋内野外会場でもって様々なアーチストたちの演奏を無料

(一部屋内は有料)で聴けるTOKYO JAZZFESTIVALですが、この日の夜間には

東京メトロ渋谷駅構内で世界に名を馳せるJAZZピアニスト小曽根真氏がナマ演奏を

無料で披露してくれたのです!

(大変残念なことにワタシは予定があったので聴きに行けませんでしたが・・)

また有料会場ではロン・カーター、チック・コリア、ナベサダなどジャズ

ミュージシャンの大御所たちのLIVEが同一の場所で聴くことができるという

贅沢三昧。

さすが主催者がNHKで後援は文化庁や東京都など名だたる機関の数々がスポンサーと

してサポートしているだけに最近色んな所で催されているジャズイベントの中でも

このイベントは最大級と言っていいでしょう。

来年はワタシももっともっと計画的にこのイベントを愉しみたいと思います。

     *     *     *     *     *

さてさてここまで引っ張ってようやく本題となります。

先月、先々月と<ヒカシュー>のLIVEを聴きに行ってきました。


image.jpg  image.jpg


<ヒカシュー>とは巻上公一氏をリーダーに5人編成のノンジャンルを演奏するグループで

間もなく結成40年を迎えようとしている息の長い老舗のバンドなのです。

因みにワタシは結成直後から中抜き期間はあったものの三十数年間応援をし続けて

います。

巻上氏は元々演劇畑が出発点であるところからして多芸多才なわけですが、ある時期から

ホーメイ(喉笛)を勉強して今ではホーメイの日本における第一人者でもあるのです。

(そうそうLIVEのトークで先月ロシアで行われたホーメイの国際大会で「現代部門」の

 第1位を獲得したので帰国時の成田空港で取材陣に囲まれると思っていたのに誰も

 いなかったという自虐ネタを披露していました(笑))

以前拙ブログで巻上氏がMCを務めたホーメイの記事をアップししたことがある⇒


のですが実はこの記事でワタシは驚愕の事実を知ることになったのです。

それはコメントを寄せて戴いた人気ブロガーcafelamamaさん(悲しくも昨年他界された

そうです)のコメント内容です。何と巻上氏を『君』呼ばわりするほどの仲で、なぜなら

あの伝説の劇団《東京キッドブラザース》で一緒に活動をされていたからだそうです。

多くの方がcafelamamaさんのブログに心酔されたのではないでしょうか、もちろん

ワタシもそのひとりでしたしリアルにお会いしてみたいと強く感じましたが、その願いも

かなうことができなくなってしましました。ご冥福をお祈りいたします。


さてさてここから話がまた転回します。

昨年バンド名の<ヒカシュー>で物議を醸すとある事件が発生しました。⇒


《水曜日のカンパネラ→以下水カン》・・3人で構成される音楽ユニットですが、新曲を

ユーチューブでプロモートする手法で若者を中心に人気に火が付きつつあります。

ただ年配者には知名度が低いものと思われます。

ワタシはたまたまFMナック5(FM埼玉)のヘビーリスナーでそのナック5のとある番組

で水カンの曲<桃太郎>をガンガン流した時期があり、それが耳に留まったので知ること

になったのです。

<桃太郎>の他にも歴史上の著名人を題材に歌詞を練って歌うというかなりユニークな

曲を創り出していますね。

事件の詳細はリンクの通りですが、要は《水カン》が《ヒカシュー》に断りもなく曲タイ

トルに<ヒカシュー>とつけたことに巻上氏が抗議をしたところ<名無しの権兵衛>に

タイトルを変更した、というものです。

当時2チャンネルなどでは相当盛り上がったのですが、《水カン》ファンで《ヒカ

シュー》を知らぬ(若)者はバンド名には著作権がない(そうです)という法的根拠を

タテに《ヒカシュー》の売名行為などなどかなりボロカスに意見したことをおじさん

は腹立たしくチェックしていました。

曲タイトルを<ヒカシュー>とつけたのは《水カン》メンバーでありマネージャー的

立場のDir.Fですが、音楽業界に身を置く存在であれば40年近く一線で活動している

(から当然ご存じである)先輩に対して法律上問題ないからと、相談なく先輩の名前を

つけてしまうのは道義上いかがなものか、とおじさんは思ってしまうのでありました。

あっ、これ以上この場でワタシが具申するのは控えておきます。

へっぽこブログといえど万が一炎上したら困りますのでね(苦笑)


ホントは先日発生した「日野皓正往復ビンタ事件」でお笑い芸人oが人気テレビ番組で

発言したことなども意見したいところですが・・・

ひとことだけ、伝えるマスコミがしっかりしてほしいです。

P.S  最近立て続けに賑わしている不倫のテーマは一切触れません。

意見する気力が湧かないので。


nice!(53)  コメント(24) 

新宿ゴールデン街 納涼感謝祭 [地域]


8月27日(日)新宿ゴールデン街の納涼感謝祭に行ってまいりました。


image.jpg


たまにしか訪れることのないゴールデン街。

ましてや明るいうちに来たことなんて記憶にありません。



image.jpg



駐車場の一角にテントが設営されていてそこで納涼祭のガイドブックを入手。

普段はなかなか敷居の高いイメージがあるゴールデン街の店ですが、この日は納涼祭

参加店であればどの店でもノーチャージのワンコインで飲むことができるのです。



image.jpg


明るいうちからのこんなひとだかりは毎年8月の最終日曜開催の納涼祭と春のさくら

祭りのときくらいでしょうか。


image.jpg


この露店の前で釘付けとなってしまいました。

≪テキーラかき氷≫

いつでもどこでも「食」に対してチャレンジャーですので即オーダー。


image.jpg


缶詰のフルーツもトッピングされています。

さてさて食後の感想は・・・・・・・・・・

いや~あ、並ばずにすぐ購入できた、ということが物語っていましょうかね。


image.jpg


何軒か巡っているうちに夜のとばりが下りてきました。人出も快調。

処でガイドブックには『はしご酒スタンプラリー』カードが挟まれていて、15個の

スタンプでゴールです。

でも15個=15杯を1日で成敗するのは至難の業・・いやいや2階の店舗だと1杯

で2個のハンデつきなのです。


image.jpg


飲み物が充実しているお店。


image.jpg


具合が悪くなって診療所に駆け込んだわけではありません。

診察室バー。店内には白衣をまとった看護士(婦)のマネキンやホルマリン

漬けの人体モデルフィギアが吊るされていたり、と話題には事欠きません。


image.jpg


夜もかなり更けてまいりましたし、はしご酒も効いてきました。


 image.jpg    image.jpg   

      

スタンプ4個を残して退散です。

10月31日まで有効なのでまた来る口実としましょう。

(あ、テキーラかき氷でスタンプをもらっていないことに気づいたw)



nice!(56)  コメント(28) 

影おくり/上奥まいこ [音楽]

《ちいちゃんのかげおくり》  あまん きみこ 作

(以下 要約)


「かげおくり」いう遊びがあります。地面に映った自分のかげぼうしを十(とお)数える

あいだじっと見つめて、一気に空を見上げるとかげぼうしがそっくり空にうつって見える

というものです。

ちいちゃんは、お父さんの出征の前日にこの遊びを教えてもらいお父さんとお母さん、

そしてお兄ちゃんの家族4人でやってみたのでした。

病弱なお父さんが出征するくらいですから戦争は芳しくないのでしょう。でもちいちゃん

はそんなこととは知らずにお兄ちゃんとかげおくりをして遊んでいました。

ある日、町にも空襲がありました。サイレンの音、燃えさかる町、お母さんはお兄ちゃんと

ちいちゃんの手を引いて逃げました。

でも人ごみのなかでちいちゃんはみんなとはぐれてしまいました。

次の日、ちいちゃんは見知らぬおじさんや近所のおばさんの力を借りて自分の家が

あった所にもどりますが家は焼け落ちてなくなっていました。

「お母ちゃんとお兄ちゃんはきっと帰ってくる」

ちいちゃんはそう信じて近くの防空壕で待ちました。

お母さんたちとはぐれてしまった2日後の朝、ちいちゃんは顔に明るい光が当たって

目がさめたのですがひどくのどがかわいていて、暑いような寒いような気がしました。

ちいちゃんが外に出ると空から「かげおくりの出来そうな空だなあ」と言うお父さん

の声が聞こえました。

「ねえ、今、みんなでやってみましょうよ」と言うお母さんの声も空から降ってきました。

「ひとうつ、ふたあつ、みいっつ」家族の声が重なり合います。

ちいちゃんがやがて空を見上げると四つのかげが浮かんでいました。

「なあんだ。みんな、こんな所にいたから、来なかったのね」

ちいちゃんはそう言うと体が軽くなり空に浮かんでいきました。


夏のはじめのある朝こうして小さな女の子のいのちが 空に消えました。



それから何十年、町には前よりもいっぱい家がたっています。

ちいちゃんがかげおくりをした所は、小さな公園になっています。

青い空の下、今日もお兄ちゃんやちいちゃんぐらいの子どもたちがきらきら

わらい声を上げて遊んでいます。


     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


 【影おくり】


   作 詞:上奥まいこ


   作編曲:伊藤 心太郎


 乾いた景色が続いてゆく


 優しいマリアが流す涙


 記憶は痛みと傷になって

 

 時計の針だけ眠ったまま

 

 誰かがまた一人 まぶたを閉じても


 この悲しみはまた 繰り返されてゆく


 愛のために 守るために 君の命を奪ってゆく


 残された 二人の影


 君の笑顔をもう一度


 この空に祈るよ


 心を失くしたあの人たち


 ためらうことを忘れたまま


 失くしたものなどどうでもいいと


 怖さも弱さもどこかへ消えた


 黒い雨の中で ゆっくり溶けてく


 何もかもがすべて意味など無いのに


 何のために 誰のために 君の命を奪ってゆく


 行かないで ひとりぼっち


 君と遊んだ影ぼうし


 今空におくるよ

 

 愛のために 守るために 君の命を奪ってゆく


 残された 二人の影


 君の笑顔をもう一度


 この空に祈るよ


(注:ご本人の承諾を得て歌詞を掲載しています)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お江戸日本橋に《日本橋長崎館》という長崎県の名産品を扱うアンテナショップが
あります。
先日そこで行われた歌手上奥まいこさんのコンサートに行ってきました。
image.jpg
先月26日に発売されたCD<影おくり>の発売記念コンサートです。
まいこさんは長崎市出身で母方の祖母が長崎原爆、父方の祖母が広島原爆の被災を
受けたという被ばく3世ですが、おばあちゃんの戦争体験を歌に込めたのが本作品
です。
まいこさんがなぜこのような戦争を題材にした曲を創ったのか、という動機が奮って
います。
東京で生まれ育った人たちと会話していると8月6日の広島原爆の日や8月9日の
長崎原爆の日を知らない人があまりにも多いことに問題意識を抱いたそうです。
(長崎では小学校の夏休みにおける登校日が8月9日だそうです。そうやって8月
15日よりも特別な日であることを教え込まれているのですね)
長崎に生まれて被ばく3世の自分だからこそ発信できるメッセージという思いを込めて
小さいころおばあちゃんから聞いた戦災のことを思い起こしながら詩を紡いでいった
そうです。
image.jpg
CDのジャケットはかなり大胆に本人の顔をアップしていますが、「影おくり」と
「上奥まいこ」とクレジットされた文字が直角ではなく少し角度がついて記されている
ことに気づく方は少ないと思います。

この角度は長崎の原爆を象徴しているのだそうです。

長崎に原爆が投下されたのは8月9日午前11時2分

11時2分という時刻が示す時計の長針と短針の角度をクレジットされた文字に取り

入れたそうです。


斯くいうワタシも広島の原爆投下時間はテレビなどでしばしばセレモニーなどが放映

されているので8時15分であることは頭に刻まれていますが長崎の投下時間は空では

憶えていなかったのでこのジャケットのお蔭で刷り込まれました。


image.jpg


さてあっという間に予定されていた1時間の公演が過ぎ、観客のリクエストに

応じてのアンコールに移ります。

そうそう、普通アンコールを要望するときの観客の掛け声は「アンコ~ルっ、

アンコ~ルっ」ですが、本日お集まりのギャラリーはまいこさんご出身の長崎県の

方が多数見えられているので、長崎方式「もってこ~い、もてこい」という掛け声の

大合唱が始まりました。

(長崎弁の「もってこい」は長崎くんちでかかる掛け声だそうです)


するとバックで電子ピアノを弾いている作曲家:伊藤心太郎さんの大ヒット曲

にしてAKBで大ブレイクした『恋するフォーチューンクッキー』が始まりました!


しかも写真右側のレディはかつて松本伊代のバックダンサーとして活躍された

『キャプテン』のメンバーだった方ですって。


ワタシを含めたおじさん世代には堪らぬ演出でした。


上奥まいこさんには観客席から「いよっ 和製セリーヌディオンっ」との掛け声が

かかっており、なるほど抜群の歌唱力かつ背がすらりと高くて美人のまいこさんに

ピッタリなニックネームかも、です。

ワタシ的にはまいこさんはキャロルキングのナンバーも非常に得意としていてかつ

オリジナルよりも情感を込めて歌われるので〈和製キャロルキング〉と思っていま

したが、これからは〈和製セリーヌ〉として応援してゆきたいと思います。


それにしても上奥まいこさん、聴き始めてからあっという間に2年が経ちました⇒


が、今後さらなるブレイクをしてゆく予感がします・・・



最後に・・

今日8月6日は広島原爆投下の日、そして3日後の8月9日が長崎原爆投下の日、

今回ブログは戦争の悲惨さに照準を充てた内容からライブの報告へと展開しました

が、締めとして今日と3日後の特別な日に哀悼の意を表したいと思います。




nice!(61)  コメント(14) 

yummyとサブトーンの会 [音楽]

yummy<ヤミー>は高円寺駅前にある音楽カフェ(とワタシが勝手に称している


のですが)です。


ぼんぼちぼちさん主催のオフ会会場だったことが出会いのきっかけでした。


アットホームでこじんまりとしたお店ですがアキュフェーズのアンプ、プレーヤーと


ノーチラスのスピーカーから繰り出されるレコードの音源は迫力満点かつこの上なく


暖かみがあってとても心地良いのです。


しかしそれだけではありません。


音楽もさることながら料理がバツグンに旨いんです。


image.jpg



image.jpg



image.jpg



どれをオーダーしてもはずれがありません。


毎週水曜夜はまったりと音楽を聴きながら過ごすことがワタシのルーティンと


なりました。


そんなある水曜日、店舗前には貸切の表示がなされていたので帰ろうかなと思いきや、


LIVEがちょうど終了した後でした。


なのでさりげなく入店。


店内はLIVEの余韻が残っており3人のアーチストたちが演奏後の充実感に浸っている


状況でした。


何のLiveかマスターにお尋ねしたらその名も「サブトーンの会」とのこと。


「サブトーン」???


ワタシにとって聞き慣れないその単語の意味はテナーサックスなどで出すしゃがれた


ようなされど温かみを持ったノイズのごとき音色のことなんですって。


トリオの編成は2テナー+ピアノ。


ちょっと珍しい組み合わせです。


不定期にここでLIVEをされると聞いたので、これはどうにも聴いてみたくなりその場で


次回公演の予約をしたんです。


image.jpg



先日、数えること3回めの「サブトーンの会」にお邪魔してきました。


長野次郎氏(右)のMCでIn A Mellow Tone/Duke Ellingtonからスタート


真ん中で演奏するのは上野まこと氏、ふたりのテナーサックスの掛け合いが聴き


ものです。


演奏中にサブトーンが吹かれると観客席から「ナイスサブトーン!」の掛け声が


かかるんです。


お客さんは総勢二十名弱。なので演奏者と観客のあいだでも一体感が感じられて


臨場感が楽しめます。


前回の演奏のときなぞたまたまフランス人が聴きに来ていて、名曲「オーシャンゼ


リゼ」を演るもんだから「シャンゼリゼ」発音指導を行うなど予期せぬハプニング


が起こるのでこれまた面白い。


この日はフランス人は故郷へ帰ってしまって居ませんでしたし、オーシャンゼリゼも


演りませんでした。


また毎回そうなんですが曲の合間に次郎さんが「サブトーン」の普及を訴えます。


ジャズの演奏でかつてはよく聴かれたのに最近ではめっきり少なくなったので盛り


上げてゆきたい、と力説されるのです。


確かにワタシなどど素人リスナーはその言葉すら知らなかったくらいだし、


オールドジャズのようなゆったりした演奏自体が減っているような気がすることが


原因かなどと考えてしまいます。


さて演奏する曲はオールドスタンダードジャズのみならず日本のヒット曲やオリジナル


曲なども楽しませてくれます。


左でピアノを演奏しているFuming Fumihikoさん、写真ではまじめなピアニストに


見受けられますが、前々回のときはソロで往年のアイドルスタートシちゃんこと田原俊彦


の「ハッとしてGood」を披露するなどかなりお茶目です。


今回はJapanese Classical Rock(?)の「東京ブギウギ」(笠置シヅ子)を演って


くれました。


しかしこれはかなりアップテンポな曲なので「サブトーン」とは対極をなす選曲、と


自虐的な解説をされてましたね。


さてオリジナル曲として毎回必ず演奏するのがその名も「yummyのテーマ」です。


才能豊かなマスターの羽根さん作です。


雰囲気がスタンダードジャズっぽくて曲紹介が無ければとても羽根さん作品とは


気がつかない名曲だと思います。


 3人の演奏は前半と後半で計12曲。この日もあっという間の2時間でした。


観客のアンコールに応えてくれ定番中の定番Take The A Trainで


締めとなりました。


次回公演は10月、待ち遠しいです。



追記:本ブログはyummyでつづったものです。しかも自分の好みのレコード


を持ち込んだことはナイショです。



【オフ会】都電散歩パートⅡ〈その2〉 [ネットコミュニテイ]


6月17日 都電散歩オフ会パートⅡのつづきです。


飛鳥山公園をあとにして<王子>駅から都電乗車の旅スタートです。


次に目指した先は<梶原>駅、王子駅からは2駅め。


都電もなかで有名な和菓子『明美』さんを訪れるためです。
ワタシはパスして〈梶原商店街〉をウロウロしてたらレトロ感満載のお店を発見。


image.jpg


なぜか炊飯器らしきものが置かれています?


image.jpg


ここから一駅分歩いて移動して<荒川車庫>駅に向かいました。


線路萌え。車庫へ向かう分岐線路。カーブが尋常じゃないくらい曲がっています。


image.jpg


さて次に向かったのは<あらかわ遊園>


都電一日乗車券を持っていたので入場料はロハです。


ワタシにとってここのスポットはお初でしたが、動物園としても見ごたえがあり、


この写真は柵から飛び出したクジャクを撮影したものです。


至近距離でクジャクを見ることができサプライズでした。


image.jpg


そして別の柵内にいるクジャクはサービス精神旺盛で羽根を広げてくれました。


幼稚園の頃に確か多摩動物園で羽根を広げたクジャクを見た記憶があるので


50年以上ぶりくらいで遭遇、感激ものでした。


image.jpg



さてあらかわ遊園を退出して進行方向を左にゆくと閑静な住宅街にはミスマッチと


思える古煉瓦の壁が続きます。


ワタシにとって今回のオフ会ミッションその②がこの古煉瓦の見学なのです。



image.jpg


かなり以前に古煉瓦レポの第一人者<駅員3>さんのブログでここを知り、以来数年間
ずっと訪れたいと願っていたスポットです。
image.jpg
かつてこの界隈には煉瓦工場があってその名残として残してくれているとのこと、
古いものをこうやって残してくれる荒川区の姿勢に拍手喝采です。


image.jpg


でも新築住宅建設のため一部切られておりました(悲)


image.jpg


数百メートルに亘って築かれていた煉瓦もここでおしまい。


次はひと駅分歩いて<小台>駅から乗り終点の<三ノ輪橋>駅へと向かいます。


image.jpg


三ノ輪橋駅界隈を散策。<極楽旅館> 


持ち前の好奇心がもたげ、ここに宿泊して観察したい衝動に駆られました(笑)



image.jpg


商店街の中にある老舗蕎麦屋さんの<砂場>。


街中でよく見かけるそば店「砂場」の総本家だとか。


でもここではお蕎麦を食べず外観をみるだけ、なぜならこの後はおいしい<れんこん>


の料理が待ち受けているからです。


さてここから地下鉄<三ノ輪>駅まで徒歩10分程度。


あとはお食事会の会場となっている上野の<れんこん>まで地下鉄で2駅。


18時スタートで現在17時を回ったところ。


ここでワタシはミッションその③を遂行するべく幹事のきよたんさんに申し入れ


させていただきました。


すなわち山谷にたたずむ<あしたのジョー>像に会いに行くことです。


皆さんと地下鉄三ノ輪駅入口の交差点でしばしお別れして単独行動に移ります。


普段仕事でよくこの辺りは車で通るので土地勘はあります。


そして目指す像も車の中から後ろ姿は何度も見ておるのですがどうしても表情を


見たくて片道徒歩10分ほどの道のりを目指したのです。


image.jpg


矢吹丈(やぶき じょう)に遭遇できました!


思い起こせば当時小学生だったワタシが少年マガジンで読んだ<あしたのジョー>


第1話。今でもかなり鮮明に憶えています。


「泪橋」を渡るシーンや丹下段平と出会うシーン。


当時「泪橋」が「涙橋」ではなく「泪橋」であることに痛く感心したけどマンガの


中の架空なものと思っていたのが随分後になってから実在することを知り、以来


歩いて巡りたい、とかねがね思っていたスポットです。


当時マガジではこの「あしたのジョー」がちばてつや氏の元で連載されたのに対し


少年サンデーでは「アニマルワン」という川崎のぼる氏(巨人の星の作者です)の


レスリングを題材にした2大スポコンアニメにワタシは夢中でした。


あしたのジョーが〈山谷〉、アニマルワンが〈木場〉界隈のいずれも下町を舞台に


していたのですが、同じ東京と言えど城西地区に住んでいたワタシとっていずれも


極めて未知の世界に映り大変興味深かった印象が今でも残っているのです。


クジャクの羽根広げは五十数年ぶりの邂逅ですが山谷を訪れた矢吹丈との出逢いも


約50年ぶりに実現できたのでとても感慨深いものがありました。


もう少し界隈を散策したかったのですが、18時スタートのオフ会に遅刻してしまう


ので早々と切り上げて<れんこん>に向かいました。


そして食事会会場の<れんこん>にはどうにか滑り込みで間に合い、沢山歩いた分


美味しいビールといつもながらの素敵な〈れんこん〉の料理の数々を堪能させて


戴きました。


散歩コースをプロデュースされたきよたんさん、食事プロデュースのえーちゃんさん


大変お世話になりました。そして参加されたみなさん、とてもたのしいひと時を共に


過ごさせていただきましてまことにありがとうございました。


最後に、かなり端折ったレポとなってしまいましたので幹事のきよたんさんブログを


リンクさせていただきます。





【オフ会】都電散歩パートⅡ〈その1〉 [ネットコミュニテイ]

6月17日 きよたんさん主催のオフ会「都電散歩パートⅡ」に参加させて


いただきました。


今回は前回開催(4月1日早稲田~飛鳥山間を乗車)のパートⅡで王子駅から


出発して終点の三ノ輪橋へ向かう行程です。


午後1時の集合時間には全員が揃いましたのでお散歩開始。


image.jpg



<老舗玉子焼き店の「扇屋」>


きよたんさん解説によると300年以上の歴史と伝統を誇るお店だそうです。


人気の「厚焼き玉子」を予約して購入されたきよたんさんから後で(飛鳥山公園


の水遊び場で休憩したとき)おすそ分けしてもらいました。


上品な出汁が効いた中にも程よい甘さを感じる職人技炸裂の味です。


きよたんさんは参加ブロガーのみなさんにふるまってくださいました。


何たる気前の良さ!おいしい食べ物を紹介いただいたのみならず、ご馳走になって


しまいまして恐縮です。きよたんさんありがとうございました。


image.jpg


親水公園の遊歩道で遭遇した座頭市ねこ氏。動物写真家であり中でもネコの撮影に


おいて世界的な評価を受けている<岩合光昭>氏のドキュメントが過日NHKで放映


されていましたが、氏いわく「ねこを見て可愛いと思ってはいい写真が撮れない、


なぜならその感情はネコに対して上から目線だから。いい写真を撮るにはネコと


対等の関係を築くこと」と意見しておりました。


到底凡人には考えが及ばない発想だと絶句してしまいました。


翻って座頭市ねこ氏に対しては可愛いとは感じませんでしたが、対等にもなれない。


むしろ迫力ある目つきに圧倒されこちらが見下されている感じ。これではいい写真


は撮れないのでしょうね・・・


image.jpg



こういう渋い建物が現役で活躍していることに喜びを感じてしまいます。


image.jpg



本日メインの見学スポットのひとつである<飛鳥の小径>に咲くアジサイ。


でも五流写真家なので写真は1枚のみです(苦笑)


image.jpg


さてワタシにとって本日は密かに3つのミッションを課して参加しました。


まずその①が「《アスカルゴ》に乗車すること」です。


《アスカルゴ》は飛鳥山公園を上下するモノレールの車両の名称です。


<エスカルゴ>(かたつむり)と<飛鳥山>」を掛け合わせたのでしょうかね・・


丸みを帯びたかわいい乗り物ですがそれなりの高低差を上下して運行するので


見晴らしは期待できそうだから一度は乗車してみたい、と乗り鉄魂がうずく


のでした。


何人かのブロガーさんは乗車済みだったので未体験のponntaさんをお誘いして


お互い初乗車を愉しみました。


乗車賃はいくらかな、と財布を用意していたのですが何と無料。得した気分です(>_<)


でも行き(登り)はすんなり乗れたのに折り返しの下りは混雑で1本待ったため降りる


まで思いのほか時間がかかり、下へ到着したときはアジサイをとうに見学し終えていた


皆さんのお出迎えを受けてしまい穴があったら入りたい心境でした。


皆さま永らくお待たせして申し訳ありませんでした(._.)


*追記 きよたんさんブログでワタシが自分の足で漕いで進むのかと思った、と天然発言


したことを暴露されてしまいましたwでもどなたかが「手動です」と言っていたので電動


でないのなら足漕ぎか、と思ったのです。扉のことだったそうですが扉も自動でしたよ。


     ◇          ◇          ◇          ◇


さてさて、一気に最後まで書き上げるつもりでしたが息切れしてきたのでこの先は次回に


持ち越しとさせていただきます。


ミッション②とミッション③とはいったい何でしょう 乞うご期待を・・・


(クイズの出題としましょうか 笑)



image.jpg



叩いて描くアーティスト [日記・雑感]

毎月応援しているヴォーカリストのライブを聴きに通っている<diglight/高田馬場>。


先日も訪れたのですが、実は今回のライブでは人気上昇中のイラストレーター


さんとのコラボですよ、と予告されていたのでどのようなものなのかちょっぴり


関心を寄せておりました。


image.jpg


<いか紳士とねこ 個展  byすぎはら ゆりさん


布に描かれた作品がライブバーの壁面に飾られていました。


「いか」と「たこ」の組み合わせなら月並みですが「たこ」ならぬ「ねこ」を


持ってきているところからして独特の世界観を強く感じます。


そして何とも言えぬ癒しのタッチで描かれたイラスト、蝶ネクタイを


つけた「いか」も乙ですが、圧巻はムッチリボディを包んでいるビキニ姿の「ねこ」


image.jpg


額で飾られているとちょっとした芸術作品(には見えないか笑)


楽しそうに楽器を演奏している絵を眺めていると音楽が聞こえてきそうで


思わず踊りたくなってしまいます。


image.jpg


展示だけでなく色んな作品の即売会もやっていました。


楽器を演奏するイラストが多いのは、作者のすぎはらゆりさんが実は演奏家でもあり


パーカッションをアップテンポで軽快に叩く一ミュージシャンなのです。


であるから音楽を演奏する楽しさを絵で表現したいという思いが強いのでしょうね。


image.jpg


即売会の中にはポストカードもありました。


花札をモチーフにお得意の「ねこ」を登場させての作品。


image.jpg


ファンキーな3匹のねこ


image.jpg


出ました「いか紳士」と「ねこ」 オリジナルの盆と比較しても全く違和感なく


自然だと感じるのはワタシだけ・・・?


個人的にはこの作品が一番のお気に入りです。


image.jpg


小野道風は実はねこだった!?


image.jpg


シュールでちょっと謎めいてるけど魅力的。


ねこファンでなくても引き寄せられてしまいます。


以上5枚の作品をお持ち帰りさせていただきました(^^♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ということで当ライブバーでの展示は残念ながら先日終了してしまいましたが


場所を変えて色んなところで展示をされているようです。


ソネブロの方はねこ愛好家も少なくないようなのでご興味が湧いてこられた


方はちょっと検索されてみてください。


ついでに申しますと作者のすぎはらゆりさんは都内にご在住だそうですので、


だったら毎年2月に開催される『染の小道』(新宿区中井の展示イベント)への


出展をおせっかいおじさんとしては強くお勧めしたのでした。



亀戸お散歩オフ会参加と評判のそば店訪問 [ネットコミュニテイ]

(気の抜けたビールのような報告ですいません(◞‸◟)
5月13日(土)午後2時~ green_blue_skyさん主催亀戸お散歩オフ会に
参加させていただきました。
が、ワタシだけ集合場所の亀戸改札口に行かず、メインで見学する<亀戸天神>で
落ち合わせていただくことを直前になって申し入れしたのです。
というのも亀戸在住の方から、天神さま入口手前にあるお蕎麦やさんが美味しいとの
評判を聞いていたことをオフ会の前日に思い出したので、これは又とないチャンスと
思い、そこで昼食を摂ることにしたからです。
(グリーンさん、参加された皆さん、勝手な行動を取りまして申し訳ありません。
 でも豪雨のなか入口で皆さんをお迎えしようと待っていたのですが、お煎餅やさんに
 立ち寄られていたとはつゆ知らず、天然炸裂で場所を間違えたか、とかなり心細く
 なっていたものでした。皆さんが現れたときはホッと胸をなでおろしましたとさ)
 
image.jpg 


<江戸そば料理帳/にし田>


13時少し前に入店したのですが先客はひとりだけと、豪雨のおかげなのか思いの
ほか店内はすいていました。
で、時間はたっぷり1時間近くあるのでまずは麦ジュースです。
image.jpg
お通しはそばの実。
ビールのつまみとして食した記憶は無いのですが、コリコリしていてナッツの
ような食感なのでなかなかいい感じです。
image.jpg



<焼き味噌>をオーダー


表面にもそばの実がふんだんにまぶされておりました。


また味噌の風味はかなりカツオとか魚の出汁が効いていて濃くて甘めです。


何となくそばのつゆが想像できそうな特徴ある味わい。


image.jpg


<天せいろ>を注文。


image.jpg



能書きによると天ぷらは<ゲラント塩(上の写真)>なるフランス産の塩を


つけて食してください、となっていたので試してみました。


塩をつけて食べるということは、一般的には素材に対して抜群なる自信を持っている


からこそのなせる業だと認識しています。


確かにうまいです。なので天ぷらはすべてゲラント塩で食べました。


それにしてもゲラント塩ってワタシにとっては初耳だったので調べてみると


パンやお菓子作りにもおススメされているようですが、普通の食塩の10倍くらい


のセレブな値段に庶民派おやじとしてはびっくらこいてしまいました。


image.jpg



そば湯が相当に渋い土瓶で登場。


image.jpg



そういえばお店の入口に渋い食器棚があり、色んな食器が大切そうにしまわれて


いました、店主は食器マニアなのだろうか・・・


おっと、焼き味噌や天ぷらの評価をしておいて肝心なそばはどうだったのか、


外一の十割そばなので香り、コシとも満足のいくものでした。


って能書きに書いてあったものです。ワタシの舌はそばについて細かに語れる


ほど繊細ではないのでよほど粗悪でなければ満足感に浸れます(笑)


ただそばつゆは焼き味噌のときに想像した通りかなり鰹やその他の魚の出汁の


風味が強く感じられ、自分の好みはもっと醤油っぽい方がいいのでその点が


ワタシにとってはちょっと残念でした。


image.jpg



さて念願の場所で昼食を終え、天神さま入口でしばし待っていると一行の


姿が見えてきました。


image.jpg



でも藤はもう季節が去ってしまい残念な姿となっておりました。


image.jpg



鷺は全く動く様子が見られなかったのでオブジェかと思ったほどです。


image.jpg



怪しげなスカイツリー


image.jpg



さてお次は<香取神社> スポーツ振興の神として有名な神社ですが、ワタシは


初訪です。


image.jpg



亀戸はかつて大根が有名だったそうですがこの界隈今では全く畑を見ることは


ありません。


それでも少し東に行けば、小松菜のネーミングの元となった小松川ですしね。


しかも小松菜の方は現役でバリバリ生産されておりますし、なのでそれほど驚く


ことでもないか。


image.jpg



幸運に授かりたいのでタッチさせていただきましたよ。


image.jpg



神社の荘厳さとは雰囲気がミスマッチなトイレ。利用しなかったので中は知りません。


さてほかの亀戸七福神訪問は豪雨のため中止とし、この後は道の駅<梅屋敷>


に向かい、早めに飲み会に備えるべく亀戸方向に移動しました。


いやあこの梅屋敷、土産品をざっと見たのですが「電気ブランアイス」が売っていた


とどなたかのブログで知り完璧に見落としました。無念!


ソフト&アイス愛好家としては次回絶対食してみたいです。


そしてワタシは夕方から別の予定があったために残念でしたがここで失礼させて戴き


皆さんとお別れしました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


追記:この日の夜は新潟県の越後湯沢でこれまた日本そばを食べる羽目になった


のですが、ここで食べたへぎそばとまいたけの天ぷらの方がおいしくて安かった


というオチで締めさせていただきます。

前の10件 | -