So-net無料ブログ作成

【読書週間】最近読んだおススメ本 Ⅱ《僕とニュー・ミュージックの時代 青春のJ盤アワー/泉麻人》 [本]

タイトルの本について書こうとしたのですが、その前に先日紫綬褒章を受賞された

伊集院静さんの作品を取り上げた方が話題としては旬なので割り込みします。

さてその作品とは数年前の出版なのでとうに旬を過ぎていますが、前回紹介した

「邂逅の森」に勝るとも劣らぬほどにワタシの魂を揺さぶった自伝的小説です。

image.jpg

      《お父やんとオジさん》  著者:伊集院静

内容は朝鮮戦争真っ只中の韓国が主な舞台で主人公の父が幼くして戦禍に置き去り

にされている義弟を身の危険も顧みず乗り込んで助け出す、というもの。

と言った風に記載すると無味乾燥な表現となってしまい作品に対して申し訳ないです。

作品のテーマは「家族愛」ですが、戦時下の生々しい表現はまるで本の中から弾丸が

飛び出してきそうな迫力に襲われ思わず頭を隠してしまうほどの壮絶さです。

戦争が如何に残酷で愚かな営みであるか、読み進めてゆけば誰でも感じ取ることが

でき、そこからは自然体で「反戦」を意識することになるのではないでしょうか。

伊集院静氏については個人的に大ファンだった故夏目雅子さんの配偶者だったと

同時に、現在は篠ひろ子さんの配偶者である、という程度の情報しか持ち合わせて

いなかったので、線が細くて頭でっかちのインテリなのかと勝手に思い込んで

おりました。

本人は長嶋茂雄氏に請われて立教大野球部に入部した筋金入りのアスリートです。

(のちに肘を壊して退部を余儀なくされたそうですが)

先日Y新聞に紫綬褒章がらみの記事が掲載されていましたが「小説は頭で書くの

ではなく、体で書くんだ」が自らの信念であるとのこと。

こういう方が書く小説なので行間からして気合や熱気が感じ取れ、惚れ込んで

しまいます。(ハイ、偏見は重々承知の上での意見です)

          ー    ー    -    -    -    -    -

「お父やんと・・」や伊集院氏のことを書きだしたら際限なく続きそうなので

本題に移ります。 

    51Wu83zeIkL._SX340_BO1,204,203,200_[1].jpg

《僕とニュー・ミュージックの時代 青春のJ盤アワー》  著者:泉麻人

知性派ブログ「雨降りとラジオの日々」を発信されているlequicheさんが半年

ほど前ブログ上で紹介していたのに感化されて当時さっそく購入して読み

進めてみたのです。

著者が雑誌で<青春のJ盤アワー>なるコラムを連載形式で執筆していたものを

まとめて出版した形の書籍ですが、紹介している曲とアーチストは本人が実家で

所蔵しているレコードに限っている点が面白く、しかもワタシは著者と年齢にして

3歳年下なだけなので殆どの部分に共感してしまいました。

かつ同書の中では1970年代当時の事象や風俗などにも触れているのですが

氏の実家はワタシの生まれ育った街であり現在も住んでいる所なので著書の中で

登場するいくつかの固有名詞はリアルタイムでワタシも知りえている先だから

痛快なんです。

例えばそのうちのひとつに「レコード目白堂」が登場し、美人店員さんがいたと

いうくだりがありますが、ワタシもこの店で子どもの頃よくレコードを買っていた

ので鮮明に記憶が蘇ったりしました(笑)

因みに取り上げたアーチストとコラムのタイトルです。

「ゆでめん」とシャボン玉/はっぴいえんど
アコースティックな讃美歌/GARO
DOWN TOWNの風景/シュガー・ベイブ
「築地の唄」と昭和レトロの夜明け/野沢享司
Gパンからの脱却/よしだたくろう
海とゴジラと若大将/加山雄三
1977年の港区サウンド/いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー
垣根の木戸の鍵/荒井由実
哀愁の西早稲田通り/愛奴
中津川の語り部たち
ビューティフルなエンジェルベイビー/平山三紀
湘南道路の「砂の女」/鈴木 茂
マンザイブームとテクノポップス/ジューシィ・フルーツ
郊外電車の夏景色/サンズ・オブ・サン
そのときセリが流れていた/石川セリ
ナイアガラの時間/大滝詠一
ポパイ少年と「普通の女の子」/キャンディーズ
1978年のディスコクィーン/岩崎宏美
ウォークマン越しのTOKIO/イエロー・マジック・オーケストラ
午前3時の東京ららばい/中原理恵
パンチ・パンチ・パンチの夜/モコ・ビーバー・オリーブ
突発性ショーケン病/井上堯之バンド
ニートな春咲小紅/矢野顕子
ユーミンの前に漣健児がいた
飛んでチャクラマンダラ/庄野真代
リクルートカットの夏に/サザンオールスターズ
現象液のニオイののする部屋/吉田美奈子
葉山の合宿所の縁側で/大貫妙子
『バンドワゴン』GBS見物記/鈴木 茂げたものです。

泉氏はどうして何十年も前の細かなことをそこまでリアルかつ正確に記憶して

いるのだろうか、と感心してしまいます。

よってアラカン世代にとっては思春期から青春時代の情景が蘇ってくること

間違いなしだと思うのでおススメですね。

またそれより下の若い世代にとってはミステリアスに感じる部分が多いでしょう

から逆に興味をそそられるのではないかとも思います。

(lequicheさんの感想がそんな感じでした)

さてそんな泉麻人氏の著書でもう一冊おススメ

    image.jpg

     《青春の東京地図》  著者:泉麻人   

こちらもかなり古い出版になるのですが、上記「僕と・・」を知人に話したところ

逆に紹介を受けた著書です。

これぞ地元ローカルネタオンパレードで痛快の極み。

しかも泉氏の勇気を讃えたくなったのはこのイラスト。 

    image.jpg

本の中に登場するのですが、よくぞこのようなイラストを万人が目にする出版物

に掲載するなあ、と尊敬してしまいます。

しかし雰囲気としてはこれ以上にないものを醸し出しております。

このイラストの本文は著者が幼少のころ幼心にも不気味さを感じていたエリア

なのです。

著者は「シライシキソ」という言葉の響きが謎めいており、ぞくっと鳥肌が立つ

とまで記しているほどなのです。

前回で紹介した<ジャンクジャングルキッズ>に登場するイラストとは対極を

なして、逆にこちらの方がインパクトにおいては勝っているかも、ですね。

ということで明日(9日)で読書週間は終了しますが、最近めっきりと読書量が

減ったワタシにとって2回に渡り書籍紹介を行ったことで自分自身が触発されて、

伊集院氏や熊谷氏のそのほかの作品を読みたくなりました。

これも読書週間の効果の一端でしょうか(苦笑)

追記:読書週間内に記事が間に合ってよかったです。(間に合ったので載せましたw)


nice!(64)  コメント(25)  トラックバック(0) 

nice! 64

コメント 25

えーちゃん

ぁっそうか、伊集院静氏は夏目雅子さんの旦那さんだったんだニャ。
忘れてたよ(^^;
で、現在は篠ひろ子さんの配偶者~ これは知らなかった(^^;
by えーちゃん (2016-11-09 02:23) 

lequiche

私のブログに言及していただきありがとうございます。
駄菓子菓子!
「知性派ブログ」 は違います。せいぜい 「痴性派」 ですね〜。(^^;)

地元の話だったりすると、
より興味が湧くというのはとても納得できます。
青春の東京地図のイラスト、スミマセン、大笑いしてしまいました。
う〜ん、いいのかな……いいんですよね。
むしろカッコイイです。(^^)
by lequiche (2016-11-09 02:40) 

きよたん

泉 麻人ってほんとによくものを知っているなと
驚かされますね
手元に何冊か本がありますが参考にして都内バス歩き
などして楽しんでいます。
青春の東京地図 気を惹くタイトルですね
東京の町にとっても興味があるので
by きよたん (2016-11-09 09:30) 

green_blue_sky

いろいろな本を読んでいますね。
身体を鍛えて、さらに読書、見習わなくては(^_^;)
by green_blue_sky (2016-11-09 12:34) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

今日はありがとうございました。
楽しかったです。
14392歩でした。
これからも宜しくお願いいたします。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2016-11-12 23:21) 

moz

読書週間だったんですね ^^;
そう言えば本屋にそんなことが書いてあったかな?
ぼくも最近はたくさんは読めていないです。紹介して頂いたお二人のものもまだ読んだことないな。
伊集院さんってそういう作家さんだったのですね。頭でなくて体で書かれるタイプなんですね。
泉さんの地図は味があっていいと思います、度胸も満点の方なんですね 笑
by moz (2016-11-13 07:40) 

NO14Ruggerman

えーちゃんnice!&コメありがとうございます。
夏目雅子や篠ヒロ子を奥さんに迎えられるなんて羨ましすぎますよね。
昨日はお疲れ様でした。
クラシックカー鑑賞後はクラシックミュージックに浸れて楽しかったですね。またよろしくお願いします。
by NO14Ruggerman (2016-11-13 10:37) 

NO14Ruggerman

lequicheさんnibe!&コメありがとうございます。
確かにあのイラストを堂々と掲載する泉麻人はカッコいいですね。
by NO14Ruggerman (2016-11-13 10:39) 

NO14Ruggerman

きよたんさんnice!&コメありがとうございます。
泉麻人は山田五郎と並んで町歩きの雑学に長けてますね。
by NO14Ruggerman (2016-11-13 10:42) 

えーちゃん

昨日は、どうもお疲れ様でした。
散歩&呑み会、楽しかったですね。
また、よろしくお願いします。
しかし、私は最近あまり歩いてなかったので疲れちゃいました(^^;
by えーちゃん (2016-11-13 15:42) 

NO14Ruggerman

green_blue_skyさんnice!&コメありがとうございます。
いえいえとても自慢できるほどの読書量ではないです(汗)
単身時代は帰省時に時間があったのである程度読んでいたのですが…
と、いう言い訳はさておき時間を創って読書に励みたいと思います。
by NO14Ruggerman (2016-11-13 15:43) 

NO14Ruggerman

なんだかなぁ!!〜横 濱男さんnice!&コメありがとうございます。
こちらこそ昨日は楽しいひと時をありがとうございました。
また横浜の街わご案内ください。
by NO14Ruggerman (2016-11-13 15:59) 

NO14Ruggerman

mozさんnice!&コメありがとうございます。
伊集院氏、インテリかと思いきやめちゃくちゃ体育会系なんですね。
味があります。
泉氏のイラストは更に味わい深いですよね。
by NO14Ruggerman (2016-11-13 16:21) 

NO14Ruggerman

えーちゃんさん、昨日はお世話になりました。
反省会のお店、よかったですね。
さけ、料理ともnice!でしたがBGMが最高であれに酔い痴れました。
by NO14Ruggerman (2016-11-13 16:32) 

さる1号

昨日はお疲れ様でした
また宜しくお願いします
居酒屋のBGM良かったですねぇ
しみじみしました^^
by さる1号 (2016-11-13 20:30) 

NO14Ruggerman

さる1号さんnice!&コメありがとうございます。
神出鬼没のブログで申し訳ありません。
また昨日の反省会のお店nice!な選択でした。
我々の入店を図ったかのような有線でしたね。
by NO14Ruggerman (2016-11-13 21:36) 

駅員3

赤レンガ倉庫までお越しいただき、ありがとうございました。
また25日にお会いできるといいな(^^)
by 駅員3 (2016-11-14 07:14) 

NO14Ruggerman

駅員3さんnice!&コメありがとうございます。
クラシックカーの展示は盛りだくさんで目の保養になりましたが
ひときわ駅員3さんのM38が輝いておりました。
by NO14Ruggerman (2016-11-15 23:22) 

ken_jp

チョコットばたばたしてまして、先日のお礼が遅くなって申し訳ございません^_^;
また、ヨロシク(^^)/お願いします

ところで読書家なんですね
見習わなくっちゃ!
by ken_jp (2016-11-23 10:16) 

NO14Ruggerman

ken_jpさんnice!&コメありがとうございます。
こちらこそ楽しいひとときを過ごさせて戴きまして
ありがとうございました。

いえいえちっとも読書家なんかじゃありませんのです。
読書週間に引っ掛けてたまたま昔読んだものを
ちゃちゃっと紹介しただけなので・・
真の読書家からすればワタシなぞへそが茶を沸かすレベルっす。
by NO14Ruggerman (2016-11-23 23:45) 

駅員3

おはようございます。
今日はよろしくお願いします(^^)/
by 駅員3 (2016-11-25 07:41) 

えーちゃん

昨日は、お疲れ様でした。
楽しかったですね~
また、よろしくお願いします。
by えーちゃん (2016-11-26 07:51) 

YUTAじい

おはようございます。
昨夜は楽しいひと時をありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
by YUTAじい (2016-11-26 07:52) 

ken_jp

おはようございますぅ^ ^
昨夜はお世話になりました
次回また会えるのを楽しみにしております( ◠‿◠ )

by ken_jp (2016-11-26 11:15) 

NO14Ruggerman

みなさんコメントありがとうございます。
またオフ会では楽しいひとときを過ごさせて戴きましてありがとうございました。
引き続きよろしくお願い致します。
by NO14Ruggerman (2016-11-28 08:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0