So-net無料ブログ作成

【高田馬場】さかえ通り [地域]

学生街のイメージが強い「高田馬場」・・現在ワタシの住んでいる街ですが、

早稲田大学と反対側方向の東京富士大方面へつながる駅入り口に非常にディープ

な「さかえ通り」という繁華街があります。

image.jpg

これは駅側からの入り口(ご覧の通りのディープな景観)

image.jpg

こちらは東京富士大側からで、少しは落ち着いた感じ。

なお手前の橋は神田川にかかる「田島橋」という歴史深い橋です。

さかえ通りはわずか200mほどの小道の両側に多数の飲食店などが

軒を連ねておりますが、その中に一風変わった立て看があります。

image.jpg

「馬でお越しのお客様はここにお繋ぎ下さい」

さて、この立て看を見て連想したものがありました。

image.jpg

「人力車進入禁止」

ワタシが去年から通いだした職場近くの向島で見つけたものです。

「馬」も「人力車」も平成の世から昭和を越えて遠く遡った交通手段なの

でしょうが、はじめてこの標識に出くわしたとき、一瞬「自転車なら

通行可ですよ」をひねっているのかな、と少し深読みしかかったのですが

考えてみたらこのあたりは

image.jpg

東京スカイツリーと浅草を結ぶ観光用人力車が横行している地域でした。

よってこの標識はふざけた立て看ではなく真に人力車はここを通行しては

なりませんよ、ということなのですね。

地元民にとっては当たり前すぎて話題にもあげない標識でも、通り慣れていな

かったワタシにとっては至って新鮮に映った次第です。

ではさかえ通りの立て看もジョークなのかと言うと

image.jpg

立て看を掲げているお店は知る人ぞ知る「清龍酒造」直営の居酒屋で


 image.jpg

埼玉県蓮田市の本社工場にはもっときちんとした立て看が掲げられており

ちゃんと馬をつなぐ輪も複数備えられています。

その昔本当に、荷馬車を引いた人達が休憩をかねて店先で、お酒を買ったり

飲んで一息ついたと言ういわれがあったとのことです。

また本当に馬で来店されたお客さんには飲み放題・食べ放題の特典付き、

とホームページで唄っておりました。⇒清龍酒造

「さかえ通り」をテーマにしたつもりが向島の人力車に脱線し、最後は清龍の

宣伝になってしまいましたが、暑さのせいでコントロール不能です~~~

なので短く切り上げることとしまして、「さかえ通り」についてはまた気が向い

たらアップしたいと思いますのでご了承ください。。。(謝)


自転車の壊れた鍵を金鋸で切断後・・放置は厳禁です [日記・雑感]

今回実は200回めの記事となります。

6年弱での到達なのでならせば年に三十数回のペース・・最近更新の頻度が

落ちて月イチが続いたりもしましたが、中々捨てたもんじゃなのでは

(と、空気を読まず身勝手に自画自賛するのはこの程度にして・・・)

過去1度だけ振り返り記事を発信したことがあるので今回2回めの振り返り

記事になりますが偶然にもそれが200回目に重なったものです。

と前置きが長くなりましたが、ワタシのつたない記事で閲覧数がダントツなのが

本人としては全く意外な

「自転車の鍵を失くして困った・・そんな時は100円ショップが救世主に」

です。

こんなオンボロブログでも累計13000PVに迫る数字を積み重ね2位以下を

大きく引き離していまだに月計でも1位の実績を続けております。

しかし今回はそんなことを自慢げに取り上げたかったのではなく、この記事に

とんだ落とし穴が潜んでいることを自分自身が先日身を以って体験したので

警告を唱える意味で本記事を取り急ぎ発信致します。

というのは先週の日曜日のこと、上記記事当時と変わらぬ愛用のオンボロおやじ

チャリで買い物に向かいました。

早稲田通りを高円寺方面に歩道を左側通行していたのです。

赤信号に引っかかったので停まると近くにいた警官2人が寄ってきました。

本年6月から道交法改正で自転車の罰則が厳格化されたので、その取締りの一環か、

しかしやましい行為は全く身に覚えが無かったので反骨精神旺盛なワタシは権力者

に対して「萌える」もとい「燃える」タイプゆえ堂々と立ち向かったのです。

すると「ちょっとその自転車、鍵が壊れているけどどうしたのですか」「防犯登録

されてますか」と矢継ぎ早に職務質問してきました。

はは~んなるほど、とここで上の拙記事「自転車の鍵を失くして・・」につながる

のです。

要約するとワタシは2年前自転車に備え付けのカンヌキ型ロックのキーをスペア

ともども紛失して困ってしまったのですがそんな時に100円ショップで購入した

金鋸でカンヌキの金属部分を切断して難局を乗り切った・・・という内容です。

そしてずぼらなワタシのこと、切断されたカンヌキキーを装着したまま今日まで

ボロチャリを乗り回しておりました。

しかし警官目線に立つとそんな自転車に乗っている奴は限りなく犯罪者に近い

人物ではないか、という判断になるわけなのですね。

ワタシとしてはすかさず「鍵を紛失したので自分で切断した」と釈明するも、

まだまだ怪しんでます。

交番に連れていかれそうな雲行きになったのでそんなことで時間を取られる

のを避けたいあまり自発的に免許証を提示するも住民票登録地が遠方なもん

だから余計に怪しまれてしまう。

防犯登録も何と香川県なのでおマワリサマたちの疑いは更に増幅してゆく。

そんな状況下警官どのの行動に批判的なワタシがついつい感心したのは職務

質問を間髪入れずに行い、被疑者の答えに矛盾点や詰まりを引き出そうとする

ところですね。

香川県の防犯登録シールを見てすかさず「香川のどちらに住んでいましたか」と

聞かれたので「高松市ですよ」と即答。

カンヌキキーを自分で壊した代わりにチェーン錠をサドルに架けていたのですが

開けるように指示されたので使いやすいようにいつも1か所の数字を1ずらして

いるだけなのでそれも瞬時に開けてみせて、「どうだ参ったか」と心の中で呟いて

「時間が迫っているのでもういいですね!」と語気を強めてワタシは立ち去った

のでした。

思い起こせば1年前東京に戻ってきてやはり自転車で買い物に行った帰り、家に

到着し、物置に自転車を入れようとすると、知らぬ間に自転車の警察官に尾行

されていてやはり職質されたことがありました。

どうやら家から300m位離れている交番前の交差点で信号待ちをしている

間に怪しいとにらんだ警官がずうっと尾行を続けてきたようなのです。

そのときも防犯シールの登録地を尋ねられたので転勤族であるとの解説を

したら警官は納得されて帰って行ったのですが鍵が壊れていたから怪しんだとは

言ってくれなかったのでワタシは気が付きませんでした。

このことを後日自転車ショップで働いている兄貴に話したら、「オマエそれは

カンヌキのキーが壊れているから盗難車と疑ったに決まってるじゃないか」と

一笑に付されたので、なるほどと感心しつつもそのままにしていたので先日の

警官2名取り囲みに遭ってしまったわけです。

image.jpg

なので今回はすぐ行動に移すべくチャリから取り外しました。

このあとどうしようかな、塩でお清めして奉納しましょうかね・・

*    *    *    *    *    *    *    * 

教訓:カンヌキキーを紛失したときは金鋸で切断すると手っ取り早いですが

速やかに自転車から取り外しましょう!


nice!(61)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソフトクリームの日 [グルメ・料理]

勤務先のエレベーターが最近入れ替え工事を行い最新の装置にかわりました。

それまでのエレベーターは古くて、少し慌てて乗り込むとゆりかごのように

揺れるやいなやその揺れが収まるまでドアが閉まらないので、イラつくばかりか

安全性にかなり疑問と不安を感じてしまう代物だったのです。

新しいエレベーターは快適でかつ階数を表示するパネルが液晶画面となっており

画面上で毎日その日の何かしらのアニバーサリーを表示してくれるもんですから

乗るのが楽しくなりました。

で一昨日の表示ではその日が「ソフトクリームの日」であることを教えてくれました。

日本ソフトクリーム評議会

1年365日何かしらのアニバーサリーがあるので別に取り立てて驚くわけでは

ないのですが以前「ソフトクリーム」について途中で放置した記事があることを

思い出したのでこれを機にアップしてみようと思います。

いわば会社のエレベーターが新しくなったことでお蔵入りから蘇った「ソフト

クリーム」ネタです(苦笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

職場の若者君との会話の中で「〇ニストップのソフトクリームはムチャクチャ美味しい」

との情報をキャッチ。

しかしワタシとしては所詮コンビニで売られているのなら、既製品のカップアイス

などと一緒にアイスクリーム専用のボックスに陳列されている商品を思い浮かべた

ので聞き流したつもりでいました。

いっぽう人が「うまい」と言った話はスルーできない性分なので、まずはやはり

行動を起こしてみることに。

けれどもここで失敗談をひとつ。

ワタシはコンビニへはセブンカフェを嗜む以外は基本的に寄り付かないようにして

います。

なぜなら魅力的な商品が多数陳列されているので目移りして気が付いた時はつい不要

不急のものばかり買い込んでしまうから。

なのでコンビニに入り慣れていないワタシとしてはあろうことか〇ニストップと

〇ークルケイサンクスを間違えて入ってしまいました。

でもレジで注文直前に気付いたので〇ークルケイサンクスの店員に「間違えました!」

と告げて退散(苦笑)

そんな紆余曲折を経て無事に〇ニストップの店舗を見つけたので中に入ったのですが

そのとき自分としては大きな誤解をしていたことを自覚しました。

〇ニストップではソフトクリームにかなり力を入れて取り組んでいることに

気付かされたのです。入口にもソフトクリームの大きな看板が目に付きました。

そして〇ニストップでは既製品のソフトクリームをアイスクリーム専用のボックス

で並べているのではなくソフトクリーム屋さん並みのオーダーメイド商品を提供して

くれているということ。

早速レジでオーダーしたら店員さんが店の奥に下がってから、にゅるにゅると

絞り出した白くて美味しそうなクリームがコーンに乗ったものを持って戻って

きました。

味の方はミルクの風味が濃厚で、クリームもきめ細かいので口当たりがよくて

美味しいです。

これで値段は220円なので高速道路のPAなどで販売されているソフトクリーム

と比較すればかなりリーズナブル。

前回記事のカナダヴィクトリア植物園内のソフトクリーム4.2カナダ$だった

のと比較しても相当オトク。

さて実は若者君からソフトクリーム情報でもうひとつ聞いた店があります。

神田神保町にあるソフトクリーム屋さん

image.jpg

BIODYNAMIEという飲食店の一角にTAKE OUTとして設けられている

「CREMIA」(クレミア)なるソフトクリーム

(注:数か月前に撮影したものです。下の画像も同じ)

image.jpg
先っぽを少しつまんでからの撮影はご愛嬌ということで。
このソフトクリーム、確か500円(プラス消費税)でした。
率直な感想としては値段ほどの満足感までは得られなかったです。
確かにこの商品の売りの一つとしているクリームの濃厚さはその通り。
そしてコーンの部分にクッキーのラングドシャを採用している点。
ワタシ的には甘いクリームに甘いラングドシャで却ってクリームの甘さが
ぼやけてしまいインパクトが弱いと感じた。
これがせめて300円台で提供してくれていたら大いに宣伝しますが・・
さて最後はワタシ一押しのソフトクリームを紹介します。
昨年前橋から東京に引越しする途中偶然立ち寄った関越道・嵐山上りPAで
発見しました。

image.jpg

「ブラックソフトクリーム」

ワタシの大好物、エスプレッソを原料として作られている全然甘くない大人の

ソフトクリームです。

image.jpg

ハーフもあります。値段はどちらも¥360

実は今日おっさん仲間4人で上り関越道を通ったのですが、ワタシの希望で

ここに寄り、みんなへ食すことを薦めたのです。

自分の好みを押し売りしたことに一抹の不安を抱いていたのですが、お蔭さまで

皆から好評でした。

そもそも嵐山PAは規模が小さく地味、しかも人気かつ巨大PAの上里と三芳に

挟まれているゆえ素通りしてしまうので意外な発見だ、と仲間たちも口を揃えて

感想を述べておりました。

こんな出逢いを求めてワタシ的ちょっと変わった商品へのあくなき追求は続きます。


nice!(53)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理