So-net無料ブログ作成

ビルボード1976年間ヒットチャートとの邂逅 [音楽]

ゴールデンウイークはオフ会で鎌倉に出かけた以外は地味に過ごし、

最終2日はだらだらと部屋の片づけなどを行っておりました。

BGMをかけながらの作業ですが、こういうときには手軽なユーチューブを

利用します。

部屋の片づけと言ってもお宝グッズ発掘も伴った作業なのでBGMには70年代

ポップスで検索をかけたのでした。

然らばワタシにとっては思いもよらぬBGM(音源)に巡り合い感動してしまい

ました。

<ケイシーケイサム トップアメリカン100オブ1976>

     *     *     *     *     *

自分が中学生だった1972年のこと、民法ラジオ局「ラジオ関東(現ラジオ日本)」

で「全米トップ40」という番組が毎週土曜22時から25時まで放送されて

いまして、ワタシはこの番組にムチャクチャ嵌っておりました。

アメリカビルボード誌のヒットチャートの放送を毎週空輸して最新のヒット

上位40曲を紹介する番組です。

当時でも日本でヒットしている洋楽のベスト10番組はTBSラジオの日曜朝に

放送されていた小島一慶のポップスベスト10やFM東京(現TOKYOFM)

で土曜昼に放送されていたシリアポールのポップスベスト10など、各局で

それなりに放送されていましたが、「全米トップ40」がそれらと決定的に

違うのは日本で発売されていない曲が続々と聴けたことです。

当時は今のように流通が発達していなかったので、チャート下位の方では日本

未発売の曲が多々登場しましたが、チャートが上昇するにつれ日本での発売が

決定しました、と興奮気味にDJの湯川れい子さんが番組の中で紹介するような

ケースも多かったですね。

ワタシとしては72年から聴きだしてから徐々に嵌ってゆき73年にはチャート

をメモするようになりました。

そして74年からは毎週のチャートを大学ノートに記録して、その年の年間ヒット

チャートのうちトップ10を予想するのです。

当時湯川れい子さんや局アナで進行役の坂井隆夫氏が番組内でトップ10の

予想を募り全曲正解の聴取者を派手に取り上げてくれたりしたものですから

こちらとしても熱を上げて独自に得点化したりして予想したのですが、全く

当たらなかったですね。

image.jpg

1976年の年間チャートを記録した大学ノートです。

トップ100とトップ40にランクインした週の合計と第1位を獲得した

週を番組中に坂井隆夫氏が説明してくれるのでそれを曲とアーチストの横に

記載し、一番右側には各週の順位を点数化したものを合計してその曲の

得点として集計し自分の年間チャートを作り上げるのです。

この年の年間第1位はSilly Love Songs(邦題:心のラブソング)by.

Paul MacCartney&Wings でしたが、ワタシの独自集計では第5位、

因みに自分の集計1位は年間第10位の「運命’76」という曲。

1976年と言えばその前年の「ソウルトレイン」でディスコダンスが

ブレイクして以降ディスコソングが席捲しました。

そのブームに乗ってこの「運命’76」はベートーヴェンの「交響曲第5番」

いわゆる「運命」をディスコバージョンにアレンジして大ヒットしたもの。

この曲は76年時のチャートとしてはトップ40ランキングが驚異の22週、

対して「心のラブソング」はトップ40ランクインはたかが15週です。

尤も「運命’76」は1位獲得が1週に過ぎなかったのに対し「心の・・」

は5週連続1位なので貫録勝ちです。

(しかし翌77年のロッド・スチュワート「Tonight's The Night(邦題:今夜

決めよう)」は7週連続1位*それでも年間チャートは第2位、そしてその

翌年のデビー・ブーン(=パットブーンのお嬢さん)「You Light Up My Life

(邦題:恋するデビー)」は何と10週連続1位と次々とモンスターヒット曲が

誕生するのでありました)

ラジ関で放送されていた76年年間ヒットチャート録音テープ冒頭部分です。

湯川れい子さんの歯切れのいい解説に引き込まれたものでした。

40年前の録音でもこうして聴くことが出来るのは喜ばしいことなのですが

難点は「ラジオ関東」は送信所が神奈川県にしかないため電波の状況が非常に

悪く雑音だらけの音質であることと、放送時間と曲紹介の限界で殆どの曲は

途中でカットされていることです。

     *     *     *     *     *     *

ところがそのように致命的な難点を解消してくれる音源をユーチューブで発見

したということで、冒頭の続きにここでようやくたどり着きます。

アップされたのはアメリカ人のようですね。

アップロードされた日もまだそれほど経ってないようなのでワタシにとっては

奇跡の邂逅と言えます!

ということでで本日の本題<ビルボード76年間ヒットチャートとの邂逅>

ユーチューブです。

5時間以上のバージョンですのでよほどマニアな方でなければ全て聴くことは

ムリですよね。

因みにこのシリーズ72年から毎年分がアップされているのですが、この76年

のみが収録時間から推察して完全収録のようですので取り上げました。

蛇足ですがワタシが個人的に70年代の年間ヒットチャートをランキングする

ならダントツ73年です。


オフ会参加/鎌倉寺院めぐり 北海道ローカル線スナップ&列車音② [旅行]

4月30日 さる1号さん、mozさん共催の鎌倉寺院めぐりオフ会に参加しました。

集合場所の北鎌倉駅に集合時間15分ほど前に到着したら主催者のさる1号さん、

mozさんはじめ数名の方々が既にスタンばっておりました。

そして集合時間前に全員が揃ったのでいざ出発。

image.jpg

まず最初は北鎌倉駅前にある「円覚寺」です。

本日ご参加のtakenokoさんはこの坐禅会体験者とのこと、スゴイ~。

image.jpg

国宝に指定されている舎利殿。

昨年ブログ仲間の駅員3さんたちと東京・東村山市所在の正福寺を訪れたとき

そこの地蔵堂が都内唯一の国宝建築であると駅員3さんから教わったのですが

それとそっくりな建物がこの円覚寺の舎利殿であるとも聞いていたのでそのとき

から関心を高めていつか見学したいなあと願っておったのです。

確かに屋根の造りなどが似通っています。

でもこの舎利殿は一年のうち決められた日以外は立ち入ることが出来ず、遠方から

の撮影でしたので、ちょっと残念。

image.jpg

次は「あじさい寺」として名高い「明月院」です。

気の早いあじさい君が自らの存在を主張するかのように咲いておりました。

image.jpg

以前さる1号さんのブログでこの丸窓を拝見して、あまりにも優雅な風景に

圧倒され、一度お目にかかりたいと思っていたのですが、念願が叶いました!

image.jpg

落書きが先か注意書きが先か・・・多分落書きなのでしょうね。

image.jpg

縁切り寺もしくは駆け込み寺として有名な「東慶寺」では国歌・君が代の

一節である「さざれ石」を見受けました。

image.jpg

井戸が現役で活躍中のようです。ポンプを押して出て来た井戸水を口の中に

含ませてみたら冷たかったです。

image.jpg

鎌倉と言えば何といっても「鶴岡八幡宮」。

数年前に折れて話題になった大銀杏はこのように柵で保護されていました。

image.jpg

「竹の寺」とも称される「報国寺」。

明月院でも「竹」は見受けられましたが、こちらはこのように「竹」が

「石灯籠」と「苔」のセットで見ることができるので、何とも日本人として

のDNAがくすぐられるような気分です。

image.jpg

どなたからかサルスベリと聞きましたが、枝が90度カーブしていたので

記念にパチッ・・・

image.jpg

さてお昼はこちら。民家のような佇まいの日本蕎麦屋さんです。

我々14名の一行を個人経営で応対されていたようなのでてんてこ舞い

だったと思います。

中学生か高校生くらいのお坊ちゃんが料理を運んできてくれ、ほのぼのと

していて好感が持てたなあ、味もよかったし応援したくなるお店でした。

さる1号さん、素敵なお店のチョイスありがとうございます。

image.jpg

江ノ電にも乗りましたが、ご覧のような超満員、1台乗り過ごしです。

image.jpg

車内最後尾をキープしたので極楽寺トンネルをパチッ レンガ萌え~

image.jpg

鎌倉と言えば やっぱり大仏ですよね。でも自分としては中学遠足以来

だから四十何年ぶりの再会?内部に入るのも四十何年ぶり、と思いましたが

大行列のためくじけました(◞‸◟)

image.jpg

さる1号さんご推薦ソフトクリーム「あじさい」紅芋と抹茶のミックス¥400

~     ~     ~     ~     ~     ~

このほか極楽寺や御霊神社にも行きましたが、御霊神社では地元おじさまがどこ

からともなく登場され、頼んでもいないのに非常にマニアックな解説を次から

次へと展開していただき一同びっくり感心してしまう一幕もありました。

ということで天然&写真苦手ブロガーにここまでお付き合いいただきありがとう

ございました。

崇高な寺院の見学なのに写真のピントがずれているばかりか被写体のピントも

ずれていてすいません。「天然」に免じてお許し願えれば・・・

しかしピント外れついでに本日もっともワタシのツボに嵌ったシーンは⇓です。

image.jpg

最初に見学したお寺の、しかも門をくぐってすぐに登場した猫ちゃん。

これ、何をしているかお分かりですか・・・

地面で休んでいたアゲハチョウのような蝶々を襲って食べているところ

なのです。

この数秒前まで猫は数十センチ右手にいて、地面で休んでいる蝶々をじっと

睨んでいました。

おじけづいているようにも見えたのですが機会を窺っていたのですね。

そして次の瞬間、ぴょんと鋭くジャンプして蝶々を口と手で摑まえる。

それからすかさずご覧のとおり獲物にかぶりつくが如くむしゃむしゃと

食いちぎる。

image.jpg

食べ終わってどや顔。

左前脚の少し先に蝶々の羽の残骸がわずかながら確認できます。

いやあ最初の段階でこの行動が予知できてたら動画を撮りたかったほど

自分にとっては嵌ったシーンでした。

ということでさる1号さんとmozさん、とても楽しいオフ会を企画・運営

していただきまして誠にありがとうございました。

そして参加された皆さん、大変たのしいひとときを過ごさせていただき

ましてありがとうございました。

機会あらばまたご一緒させていただけたらと思いますので引き続き

よろしくお願いいたします。

     ◇          ◇          ◇

さて前回suzuran6さんに背中を押していただいたので引き続き、35年前の

スナップ写真&列車音をアップします。

image.jpg

まずきよたんさんのコメントに触発されて「愛の国から幸福ゆき」メッセージ

写り込みの「愛国駅」スナップ

image.jpg
万字線:終点<万字炭山>スナップ

万字線:万字=万字炭山間(万字駅出発直後発車音)