So-net無料ブログ作成
検索選択

沖縄レポ③シルミチュー~子宝の神が宿るさと~知られざるパワースポット [旅行]

前回は食レポ中心に進めたので今回は旅レポで参ります。

と、その前に宿泊ホテル1階ロビーでお目にかかった珍しい生き物の画像から

(昆虫が苦手な方はここでストップしてスルーされることをおススメします)

image.jpg

《ニジイロクワガタ》

コガネムシのクワガタバージョンですかね、クワガタと言えど普通のクワガタ

ならぬカブトムシの2周り以上は大きいサイズなので度肝を抜かれました。

でもどうしてこんな巨大な昆虫がホテル1階ロビーに生息しているかと言うと

image.jpg

<昆虫の牧場>として飼育されているようです。外来種ですが南国という括りで。

image.jpg

《ヘラクレス リッキー》

こちらは《ニジイロクワガタ》よりも更にビッグサイズ、中南米産だそうです。

こんなデカい昆虫たちがこの世に存在するんだ、と圧倒されました。地球は広い!

image.jpg

沖縄と言えば魔除けとして名を馳せている《シーサー》

喫茶店の店先に構えているこんな可愛いらしいものから

image.jpg

ホテルの展示スペースで身構えるちょっと滑稽な表情だけどそれなりに貫録

あるものや

image.jpg

超ビッグサイズかつ表情も恐ろしいので魔除けに絶大な威力を発揮しそうなもの

までバラエティーに富んでいます。

image.jpg  image.jpg 

<海中道路>

ツアーメンバーに勧められたのでドライブ気分でやって参りましたが、単なる

海の中に道路を敷いただけのものなのでワタシ的には全然刺さりませんでした。

それでもせっかくここまで来たのでその先の離島<浜比嘉島>を目指してみることに。

そして島上陸後は茶店でコーシーでも嗜んで戻ろうか、と相棒と話していた矢先に

<シルミチュー    洞窟>なる観光地の案内板を目撃。

事前情報皆無の状態でしたが、沖縄らしい固有名詞の響きと『洞窟』というキーワード

に惹かれたのでそこを目指すことにしました。

image.jpg

海に浮かぶ風光明媚な小島が見える駐車場で車を停めてあとは徒歩です。

image.jpg

「川口浩 探検隊」(平成の若者には通じない)よろしく

image.jpg

怪しげな密林の小径を進みます。

image.jpg

鳥居が出現、そしてその先には果てしなく続く階段が・・・

image.jpg

その階段を昇りきったところが<シルミチュー>と言われるスポットでした。

image.jpg

洞窟は柵が張られていて入れないので撮影のみ。

image.jpg

説明書きには「琉球開闢(かいびゃく)の祖神シルミチューが住んだ場所、

また洞窟内の鍾乳石は子宝の授かる霊石として知られ、子授けの信仰がある」

となっているので、昨年末嫁いだ娘のことを思い健康な子が授かるように、と

お賽銭を納めてお参りをさせてもらいました。

image.jpg

シルミチューの隣にお休み処のような建物があったので向かってみました。

image.jpg

時間の流れがここだけ違うように感じてしまう何ともゆったりした空間です。

飲み物メニューは何種類かありましたがおっさんふたりで「かき氷(¥200)」

を戴いてシルミチューを訪れたときの階段昇降の疲れを癒しました。

image.jpg

植物音痴なため何だか分かりませんが鮮やかです。

image.jpg

と、その植物が飾られているテーブルの脚をよくよく見ると古いミシンでした!

(いや待てよ、かつてさとうきびの抽出作業に使った機械の一部かも知れません)

image.jpg

庭先に見慣れぬ歯車が置いてあったのでお店を切り盛りしているおかあさん

に訊ねたら、さとうきびを搾り出す機械の部品とのことでした、さすが沖縄。

でも昨日見学した製糖工場跡では見当たらなかったなあ。

さて良く刈り込まれた庭を越えた先の小山を登ると絶景が見られると言われた

ので、シルミチューの階段昇降で疲れてはいましたが、高所大好き人間なもの

だから向かってみることにしました、相棒もです。

image.jpg

むかう途中には防空壕が・・洞窟ではないようです。

image.jpg

シルミチューへ続く階段より急でかつ狭い!(下でなく上から撮影)

image.jpg

すれ違い不可能。

image.jpg

昇り詰めると期待通りの絶景でした。

image.jpg

駐車場で見かけた風光明媚な小島がこんなに小さく見えました。

image.jpg

さっきまでくつろいでかき氷を食べていた建物と整備された庭先も

ミニチュアサイズで窺えます。

いやはや、絶景だけど人がいないからのんびりできてかき氷もうまくて

安かったので何気に寄ったスポットですがいいことづくめでした。

またシルミチューの方は得も言われぬ神秘性が漂うきわめて厳かなスポット

(霊感力に疎いワタシですらただならぬ何かを感じたくらい)でしたので

ここまで全く無計画に過ごしてきましたが本旅はとても満足のゆくことと

なりました。

と、那覇空港に向かい時間があれば定番の観光スポット首里城にでも寄ろう、

と相棒の運転する横でワタシはくつろいでいたら携帯が鳴ったので出てみると

珍しく娘からの電話。

どうしたのかと聞いてみて びっくり仰天

「お父さん、赤ちゃんを授かったよ」と来た。

     ♡     ♡     ♡     ♡     ♡     ♡

ワタシは無宗派です。自分の都合に合わせて神様を信じるといういい加減なヤツ

なのでこのときはひたすらシルミチュー様に繰り返しお礼を伝えたのでした(^^♪

この後渋滞にはまり首里城を見学することは出来ませんでしたがそんなことは

どうでもいい、<製糖工場跡>の見学と<シルミチュー>で拝むことができた

大満足な偏屈ものの沖縄レポでございました。 

---------------------------------------------------------------------------------

最後に「道の駅 おんな」のショップでアルコール類も何点か買い込んだのですが、

中でも最も気に入ったのが

image.jpg

泡盛をベースとした13種類のハーブ酒とハブエキスをブレンドした酒です。

ハーブ酒とハブエキスを掛け合わせたなんておやじギャグかと思ったらまじめです。

薬草のような味覚なのでかなり昔に飲んだ記憶がかすかにある「養命酒」に似た

感じで、当時はちっとも旨いと思わなかったのですが歳を重ねて嗜好も変わったの

だなあと実感。

image.jpg

こんな風にしてロックで戴きました。

でも悲しいかなミニチュアボトルなのですぐ無くなってしまった(泣)


沖縄レポ② 沖縄フード・ドリンク・スイーツを堪能しました [旅行]

沖縄レポその②です。

本レポは今回の訪問で食したり出会ったりした沖縄ならではの食物(フード・

ドリンク・スイーツ)などにスポットを当てて進めてゆこうと思います。

沖縄ご在住もしくはご出身の方は何か気がついたことがありましたらご意見を

お待ちしております。

と、食べ物レポの前に


image.jpg

宿泊先は、ビーチに面したリゾートホテル、日本とは思えぬリゾートな雰囲気です。
image.jpg
沈みゆく夕陽、日没の写真を撮ろうとしましたがレセプション会場に向かう
時間となったため水平線に隠れる前でタイムリミット・・・残念。
image.jpg
翌朝はこんな感じ。海でも手前のプールでも泳げますが海パン持って来なかった!
image.jpg
レセプション参加後、部屋に戻って部屋呑み。
(沖縄最古のリゾートホテルとのことで家具もアンティーク(って表現したら
 おしゃれっしょ))
ホテルの売店で、現地でしかお目にかかれぬような一品の数々をゲット
<南国チューハイ  パインとシークワーサー>パインもシークワーサーも大好物
なので美味しく戴きました。(泡盛のカップも購入しましたが写真は割愛ですw)
image.jpg
つまみも現地でしかお見受けしたことのないようなものをチョイス。
「スッパイマン」・・こちらは初日の部屋呑み画像ですが、翌日昼のレセプション
でも見かけしました。沖縄ソウルフード定番なのですね。
image.jpg
大手コンビニ〇ーソンで見かけたローカル色豊かな菓子パン。
image.jpg
こちらもローカル色豊かな「さとうきび」アイス。
因みに「ゼブラパン」はパンの断面が黒糖ペーストとピーナッツクリームで交互に
サンドされておりしまうまのような模様に見えるためネーミングされたのでしょうが
このパン1個で何と驚異の563kカロリー。
 ワタシの悪癖で見たことの無い一品が陳列されていると後先考えず反射的に購入
してしまうので後になって満腹で苦しくなりその度に後悔しています。

image.jpg
東京から旅立つ前日にたまたま仕事先のお客さんで沖縄出身の方とお会いした
ので、おススメスポットを尋ねたところ「道の駅  おんな」(注おんな≠女 
=恩納ですよ 念のため笑)を推薦してくれたので寄ってみました。
image.jpg
色んなものにウニ(ソース)がかかっているよう。
試食・・したいところでしたがこのときばかりは超満腹状態でさりとて持ち帰れる
代物ではなかったため見るだけに留めました。 

image.jpg
こちらもメニューをながめるだけ~
image.jpg
「にふぇ~でぇびる=ありがとうございます」・・沖縄方言 難解すぎ。
image.jpg
さとうきびです。こちらは持ち帰っておなかが落ち着いたころ説明書きに従って
チューチューと吸ってみました。人生二度目です。
因みにお値段は格安、5本で200円。ほかのツアーメンバーたちにおすそ分け
したらみなさん初体験でとても喜んでおられました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下沖縄レポ③に続きます。
次回は食レポではなく観光レポですが、例によって全く偶然訪れた先で自分に
とって驚くべき出来事が起きたのでした・・・

沖縄訪問レポ①平敷屋製糖工場跡/沖縄県・うるま市 [旅行]

<〔ちょいのり〕さん、すいません。ちょいさんにご教示賜ったスポットですが

お先に掲載させていただきます。但しワタシではサワリしか紹介できませんので・・>

           *          *          *          *          *          *          *          *

 先週のことですが、1泊2日の慌ただしい沖縄ツアーに参加してきました。

ツアーと言えど読谷村(よみたんそん)の残波岬で行われるイベントへの参加以外残りは

自由行動というユルいスケジュール。

自由行動時の観光地巡りは現地に行ってから考えようと、いつも通りの気ままでアバウト

な旅です。

とは云え先月中旬のこと、ワタシにとって敬愛してやまないちょいのりさんブログで

ご本人が沖縄へ旅立つことを知ったのでちゃっかりお勧めスポットをお尋ねしたのです。

そして回答いただいたのがうるま市所在戦争遺構かつ古煉瓦構築物の<平敷屋製糖工場

跡>でした。

事前に調べてみたら弾痕を残した煙突などが現存しているよう。

然らばまずここを訪れようと考え、那覇空港からレンタカーで目指す先へ直行しました。

但し今回は単独行動に非ず相棒と二人の団体行動。

その相棒とはかつて〈長崎・軍艦島〉を観光船で一緒に鑑賞した仲間です。

イベント参加までの自由時間がざっくり3時間強、製糖工場跡経由でイベント会場

まで2時間弱なので1時間強で目指すスポットの見学と昼食をとらねばならないと

いうかなりタイトなスケジュールですが順調に進めば2~30分は目指す遺構を

見学できるかと皮算用、昼食は街道沿いで弁当でも買って車内で掻き込めばいい

だろう、と目論んで観光地図にも載っていない穴場をひたすら目指したのです。

そして順調に進みおおよそ予定の時間に所在地の町までやって来る。

しかし直前まで来ていながらネット上の情報では番地の表記が見つからないもの

だからナビで探し当てることが出来ません(悲)

ま、そこは地元の方に道案内してもらいましょう。何と言っても一昨年に[国の

登録記念物](って何だかよく解かりませんが)に登録されたほどの先なので

名が通って地域の方々の誇りでしょうから・・・

ということで人影まばらな街中で通行人に訊ねました。

「すいません、製糖工場跡を見学に来たのですがどちらになりますか?」と・・

(NHKの人気番組『鶴瓶の家族に乾杯』風に ですかね(笑))

ところが意外な答え・・・「えっ、知りません」

その後の人、さらにまたその後の人に聞いても知らぬ・存ぜぬが続き5~6人

に訊ねてひとりも知っている方に出会えませんでした(泣)

そうこうしているうちにチーン、タイムリミットとなり已む無く引き上げたのです。

image.jpg

来た道で見つけたお弁当ショップ。店員さんにはブログ掲載快諾済みです。

何と言っても《100円そば》のポップに魅せられました。

なのでそれを購入、そして店前に陳列されている中からそぼろ丼のような

様相を呈した弁当をチョイス、ヴォリューム満点でこちらが250円!

〆て350円で超満腹となりました。

相棒の方は200円の単品です、沖縄価格驚異!!

結局100円そばはうどんのような典型的沖縄そばで、そぼろ丼のような弁当は

いわゆる《タコライス》でした。タコライスは沖縄定番料理なのですね。

知りませんでした。(時間がひっ迫していたため画像なし  残念)

 さて、その後どうしたかと言うとイベントが思いのほか早めに終了し、夜の

レセプションまで時間が空いたので知人に依頼した本日宿泊する宿へはこの

イベント会場から20分程度で行けることを勘案しても製糖工場跡まで再チャレンジ

するには十分と踏んでいざリベンジ旅スタート。(因みに相棒も誘いましたが「いって

らっしゃ~い」の返答につき単独行動で・・順当かな)

image.jpg

快適に運転していたら撮影したくなる被写体に遭遇したので立ち寄って

みました。

image.jpg

すると《三線のライブ》を演っているではないですか!

3月4日=さんしん・・・なるほど~

image.jpg
陳列されていた有名な沖縄ソウルフードをみやげとして購入。
image.jpg
<道の駅かでな>の向かい側は嘉手納基地、社会科見学です。
そうこうしているうちに再び所在地の町に到着。
ネット上で表記されていた連絡先に電話してみましたが案の定不在。
仕方なく先ほどとは異なったエリアを徐行運転しながら探索すると、謎めいた
古い構築物に遭遇。
image.jpg
しかしこの類の構築物はこのあと界隈の至るところで出くわしたのですが、どうも
お墓のようです。(ごめんなさい、勝手にお墓を撮って)
人と殆どすれ違わないのですが、向かいから若いおにいさんが歩いてきたので
ダメもとと思いながら訊ねてみる。するとあにはからんやご存じで道順を教えて
くれました。
image.jpg

目的地を探している途中で黄色い自販機を発見、旅立つ直前に「黄色い自販機」

の記事をウエブニュースで読んでいたので出会えたらいいなあと思っていた矢先

でした。

でも記事にうたわれている50円の飲料は無かったので、明日までの滞在中に

50円自販機探しを続行することとします。

image.jpg

しかしそんな寄り道をしながらフラフラしていたため又も道が分からなくなり
ウロウロしていたら何と公道なのに黒牛に遭遇、まさに牧歌的。
そういえばここ<うるま市>は沖縄随一の闘牛が盛んな町だそうです。
牛飼い(?)の方に<製糖工場跡>をインタビューしてみました。
すると今度こそ辿りつけそうな分かり易い解説をしてくれました。
(おにいさんの解説もわかりにくかったわけではなく、単純にワタシが
地味な案内板を見落としていたのでした)
image.jpg
苦節半日[あせあせ(飛び散る汗)]ようやく辿りつきました。
image.jpg
なるほど、かつて煙突は3本立っていたのですね。
image.jpg
右の木板に書かれた文字はピンボケで解読できましぇん。稚拙な撮影で申し訳
ないです。
image.jpg
弾痕でしょうか・・・
残された1本の煙突の脇には貯水槽跡が見られたのですが痛恨のバッテリー
切れで画像なしです、無念。
 ということで執念でたどり着いた平敷屋製糖工場跡でした。
いやはやしかし国の天然記念物と言えどメイン道路に大きな案内板を立てて
くれないと素通りしてしまうほど地味な場所に佇んでいます。
もっと分かり易く表示してほしいなぁと感じた次第ですが、でも考えてみれば
マニアックな輩しか訪れないと踏んであまり呼び込みに力を入れていないので
しょうかねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて『うるま市製糖工場跡めぐり』の巻はこれにて終了です。
この後の沖縄訪問日記は次回とさせていただきます。
(極力1週間以内のアップを目指します)